おおのファミリー歯科

歯周病

歯周病とは

歯周病とは
歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。 30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があり、歯みがきを怠るとこのポケットにプラークが溜まります。溜まったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気が付かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です。

歯周病の原因

歯周病の原因
歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。

歯周病の進行

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。

さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。

進行度1歯ぐきがはれ、出血する
[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。

次へ


進行度2口臭を感じるようになる
[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。

次へ

進行度3歯がぐらついてくる
[進行度3] 歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。

次へ

進行度4硬いものが食べられなくなる
[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。

歯周病の治療法

プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。

歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

詰め物や被せ物の修正治療
詰め物や被せ物の不適合があると、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。詰め物や被せ物が適合するようになるだけで、歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

エアーフロー

エアーフロー
歯周ポケットを細かいパウダーで掃除する機械です。普段のお手入れでは届きにくい歯ぐきの奥の汚れを取り除くことができます。

歯周病が気になる方は一度ご相談下さい。

オススメケアグッズの紹介

ルシェロペリオブラシ

ルシェロペリオブラシ
【オススメポイント】
  • 歯周病リスクの高い部位を優しくケアするテーパー毛腕帯とブラシ。
  • 歯周ポケットやインプラント、詰め物周囲に挿入しやすく、歯肉にも優しいテーパー毛。
  • ブラシの色は、取れたプラークを確認しやすいブルー。
  • 先端のみ取り換えるタイプでゴミが増えずエコ。
  • 毛先がやわらかめなのですが、しっかり歯周ポケットないはへ入り込み、プラーク除去できます。

ペリオバスタージェル

ペリオバスタージェル
植物抽出エキスで効果UP!!

【成分】
  • アロエ・・・抗細菌作用や抗炎症作用
  • トウキ・・・セリ科の植物トウキの根茎から抽出される天然エキス
  • ヒノキ・・・ヒノキチオールは抗菌力が強く、抗菌される範囲が広い
  • 人参 ・・・成分はサポニン・アミン酸・ビタミン類・配糖体で代謝促進作用、血行促進作用などがある
  • 海草 ・・・引き締め効果

オーラリーフ 薬用マウスウォッシュ(洗口液)※キシリトール配合

オーラリーフ 薬用マウスウォッシュ(洗口液)※キシリトール配合
【この様な方にオススメ】

●歯周病や虫歯が気になる方
●口臭やお口のネバつきが気になる方
●マウスウォッシュのお口への刺激(ピリピリ感)が気になる方
●矯正治療やインプラントを施している方

虫歯、歯周病の原因は、プラークの細菌でオーラリーフは、高い殺菌力が持続するだけではなくプラスキシリトールも配合している洗口液です!!
コップ1杯の水に数滴混ぜてすすぐだけでも長時間歯や粘膜に吸着し効果が持続します。
マウスウォッシュ特有のピリピリした辛さがなく、マイルドな使い心地で、お口への過剰な刺激がありません!後味スッキリ。うすめて使うタイプなので、お口の症状にあわせて濃さを調節出来ます。

【効果】

①虫歯の発生および進行の予防
②歯周炎の予防
③歯槽膿漏の予防
④口臭の防止

【使用方法】

●歯磨き後
●就寝後
●口臭が気になる時に

プロポリンス

プロポリンス
【この様な方にオススメ】
  • なかなかとれない口臭で悩んでいませんか?自分では気付かない人も多い口臭。
  • 口臭の大きな原因はタンパク質をエサとして細菌が作り出すガス。
  • 口の中にいる細菌が食べカスや粘膜にあるタンパク質を分解。その時にニオイ成分となるガスが作り出されます。
  • プロポリンスでうがいをすると細菌のエサとなるタンパク質汚れを絡め取って出すので、口臭を抑えます。