おおのファミリー歯科

小児矯正

矯正治療とは

矯正治療とは
生涯自分の歯で噛めるようにするには、虫歯や歯槽膿漏にならないように日頃の注意(歯みがきの励行・定期検診)が必要です。 近年、食生活の変化により、顎の発育の悪化、不正咬合の方等が多くみられるようになってきました。

不正咬合になるとキチンと歯磨きをしても、虫歯や歯槽膿漏になりやすく、物を良く噛めません。また、心理的にもコンプレックスをもちやすく、心身の発育に悪い影響を及ぼします。 矯正治療を行い、美しい笑顔とキレイな歯ならびになることで、心身ともに健康になっていただきたいと思います。

不正咬合(悪い歯ならび)が心身に与える影響

  • ・歯磨きが上手にできないため、むし歯になりやすい
  • ・食べ物を上手く噛むことができない
  • ・発音が悪くなり、上手にしゃべることができない
  • ・全身のバランス(姿勢)が悪くなり、頭痛やスポーツなどに影響がある
  • ・歯並びが悪いことに心理的ストレスを感じる場合がある
  • ・見た目が悪いということだけではなく、日々の生活から健康に悪影響を及ぼす可能性がある

床矯正

床矯正装置
あきらめていませんか?子どもの矯正治療
床矯正とは、顎を広げて行う歯列矯正です。口腔外科的な矯正は、数本の歯を抜いて歯の生えるスペースを作るという考え方で進められますが、「床矯正」は歯を抜かず顎の方を歯が並ぶ大きさまで拡げることで歯列矯正していく治療法です。
<治療のタイミングは?>
6才までに正しく発育できなかったあごを10才までに治し、11才からは自分の力で発育させるのが理想です。
4歳以上であれば治療が可能ですので、気になった方は早めにご相談下さい。

<矯正装置の特徴>
矯正装置は、好きなときに外すことができます。矯正装置をつけていると発音がしにくい他、食事の時も大変です。大人でもそう感じるのですから、小さな子供はもっと大変だと思います。もちろん普段は装着したままでいてもらいますが、音楽の時間や作文の発表時など、どうしても装置が邪魔になってしまうときは外してもらってかまいません。


床矯正治療を行うタイミング

床矯正治療を行うタイミング
適用年齢は5~10歳です。4歳以上であれば治療が可能ですので、気になった時点で早めにご相談下さい。早い段階での矯正は、骨格の成長を正常な成長曲線に乗せやすいため、結果的に治療が早く済み、費用を安く抑えることができます。